Daddy's Car / Life / The Cardigans (1995) の歌詞について

We took off that sunny day

ある晴れた日 出かけることにしたの

packed our things and went away

荷物をカバンにつめて 家を出たの

me and friends in daddy's car

友だちと一緒に パパの車で

to find out how summers are

夏を思い切り味わいたくて

found a card to send from wherever we went

行く先々で絵葉書を買ったわ

From Luxembourg to Rome

ルクセンブルクからローマ

from Berlin to the moon

ベルリンから月へ

from Paris to Lausanne

パリからローザンヌ

from Athens to the sun

アテネから太陽まで

our car became a spacecraft

パパの車は宇宙船

flashing through the world

光の速さで飛び回る

crashed down in Amsterdam

アムステルダムに墜落するまで

 

ヨーロッパの国々って陸続きなんだなあ、としみじみ思う。地面がそのまま月や太陽にまでつながっていそうなこの感覚は、島国に住む者には分かりにくいものなのかもしれない。領土の拡張とか国の発展に対する根本的な考え方にも、もしかすると影響を与えているのかもしれない。おとうさんとはあまり関係ないですね。こういう曲は地名を入れ替えたりして、ライブでやると受けるのでしょうか。邦題『パパの車で』。

 

今週のお題「おとうさん」