Sweating Bullets / Countdown To Extinction / Megadeth (1992)の歌詞について

よう、元気か俺?また俺様のお出ましだよ

降参したっていいんだぞ、だが俺を飼いならそうなんて思うなよ

お前と同じレベルで考えてると頭痛がするよ

まあ俺のせいにしてればいいさ

だが俺にケリを入れられないように気をつけとくんだな

人間にできることなんてたかが知れてるよ

閉所恐怖症になったみたいだ

壁が俺に迫ってくるんだ

手には血がべったりついてる

だがどこで何をしてたか覚えちゃいない

まだやってないことで責められてる気分だ

俺は俺の技を磨く 手にはじっとりした汗

玉の汗が流れ落ちる

 

よく分からないが、分裂しちゃってる感じだ。けっこうヤバイ感じ。しかしポピュラーミュージックとしてのクオリティは高いと思う。"I'm sharpening the axe"というのがよく分からなかったが、これはギターのことを言っていると解釈した。邦題『玉の汗』。