Tooth And Nail / Tooth And Nail / Dokken (1984) の曲について

先の見えない日々 どうにかなっちまいそうだ

悪い予感しかしない

いつか叶うはずだった 希望や夢も

たたきつぶされる

指をくわえて見ているしかないのか

昼は乱痴気騒ぎ

夜は果てしない絶望

いったいどれだけ待てばいい

この呪いが解けるまで

トップに躍り出てやる

どんな手を尽くしてでも

 

今週のお題「私の歯磨き」について歌われた曲は手元になかったので、とりあえず「歯」についての曲を選んでみた。といっても、「歯」そのものをテーマにしているのではもちろんなく、野生動物のように歯や爪を使った、手段を選ばない闘争のことを言っているようだ。あと、"writing on the wall"が聖書に基づく「予感」「(悪い)前兆」という意味だということは初めて知った。これで私の英語も多少は「磨き」がかかったことだろう。これでとりあえずお題はクリア、ということにしておこう。邦題『妥協なき闘争』。