Live To Rock (Rock To Live) / Breaking The Chains / Dokken (1983) の歌詞について

息を切らせて走りながら カメみたいにのろいとしか思えない 後ろに行けばいいのか 前に進めばいいのか 俺にはわからない その迷いは解決できる 音楽がここで待ってるんだ 今夜ここで待ってるんだ ロックのために生きるんだ 生きるためのロックなんだ どん底でもこれだけは確かさ ロックのために生きるんだ 生きるためのロックなんだ なりふりかまわず 生き延びるんだ最後まで

「ロックしようぜ!」という曲はいくつもあるが、明るくなりきらず、なんだかちょっと繊細な感じがあって、そこがドッケンっぽいのである。でも盛り上がりそうな曲だ。邦題『生きがいロック』。