Jack the Stripper / Fairies Wear Boots / Paranoid / Black Sabbath (1970) の歌詞について

夜遅く帰ってきて、嫌な予感がしたんで窓の外を見ると、ブーツを履いた妖精が小人と踊っていたんだ、本当だよ、嘘じゃないんだ、そんで医者のところに行ったら、「そりゃあちょっと手遅れだね、タバコとクスリばっかりやってるんだから」って言われたんだ。

ウィキペディアによると、実話だとも、そうではないとも書いてある。まあ、どっちでもいいということですね。小人の幻覚というのはよく聞きますが、世界共通なんでしょうかね。イントロのJack the Stripperの方は、Jack the Ripperのダジャレかと思ったら、そういう事件もあったようですね。邦題『乳裂きジャックと妖精のブーツ』。

Fairies Wear Boots - Wikipedia