Electric Eye / Screaming For Vengeance / Judas Priest (1982) の歌詞について

空の彼方から 私はお前達を見つめている お前達のなすことの全てを 私はトレースしている 自分にはプライベートがあると思っているだろう それを疑ったことさえないだろう しかし私の視線から逃れることなどできない 私の監視を逃れることはできない 私は鋼の肉体を持ち 回路は輝く光を放つ 私は永遠の存在 汚れなきこの国を護るのはこの私だ

国民を監視する衛星らしきものが一人称で語っている。現代の監視カメラ網を皮肉っているようでもある。邦題『電子の眼』。おもしろくないな。やっぱり『エレクトリック・アイ』だろうか。何かの必殺技みたいだけど。