Price Of Love / 7800° Fahrenheit / Bon Jovi (1985)

ひと夏の恋の代償について歌っている。男はワイフのもとに去り、お前はナイフを握り締める。他にも「チャンス」と「ロマンス」とか、"fall" と "call" とか、なかなかがんばって作詞していて好感が持てる。アルバムタイトルも「岩を溶かすほどアツいロック」ってことで、地味なアルバムだけど、なかなか悪くないと思う。邦題『愛の代償』。