Remember Me / Blood / Bad Moon Rising (1993) の歌詞について

夏が去り、枯葉が舞い、北風が吹くころ、僕は帰ってゆくだろう。愛は訪れ、そして去り行く。生きるということはなぜこんなにも辛いんだろう?僕がいなくなってしまっても、僕のことを忘れないでくれ。アルバムのエンディングとしてはふさわしいけど、なんだか切な過ぎ。Don't let time hold the key, to our love.というフレーズがいい。「時の流れは残酷だけど、今のその気持ちを忘れないで」といったところだろうか。邦題『忘れないで』。