自己言及?

U.S.A. / Knights Of The New Thunder / TNT (1984) の歌詞について

名声と富への道 今夜シティ・ライフを味わおう さあ出かけよう 陸地を目指すんだ 向う先は U.S.A U.S.A 街は燃えている 今度こそやってやる スポットライトがステージを照らし 煙幕が立ち込める その舞台は U.S.A U.S.A アメリカに行って成功したい、というも…

Just What The Doctor Ordered / Ted Nugent / Ted Nugent (1975) の歌詞について

ギターを持ったのは10になったとき それ以来ロックンロールに首ったけ もうおかしくなっちまいそう この身体も魂も捧げたい どうかしちゃってるよ でもわかってくれるだろ 身体と心に効くクスリなのさ ロックという名のクスリ漬けなのさ 周りのみんなは心配…

A Little Too Loose / Lean Into It / Mr. Big (1991) の歌詞について

ビリー・シーンの歌いだし”Misguided woman knows my name"をしばらくぶりに聴いて、なんか聴いたことがあるな~と思ったら、B'zの『もうかりまっか』(1994)の歌いだし「もうかりまっか ぼちぼちでんな」に似ているのに気付いて驚いた。というのも、先日たま…

Attack Of The Mad Axeman / Michael Schenker Group / MSG (1981) の歌詞について

奴は裏道をうろついている 夜遅く出歩かないがいい 奴はお前たちの目にものを見せようとしているのさ 毎晩夢の中で亡霊のように叫んでいる 夜道に気をつけるんだな 出歩くなら昼にするがいい 狂ったアックスマンに気をつけろ お前達なんてあいつの思うがまま…

Stronger Than Steel / Pride In Tact / Lionsheart (1994) の歌詞について

たくさんの孤独な夜を乗り越えてきた 夢のために努力を惜しまなかった 周りのやつらは酒と女にまみれていたが 俺は夢をかなえるため 炎を燃やし続けた おれんちのドアをノックするのは止めてくれ おまえらに言うことなんてなにもない もう帰ってくれよ 成功…

Something For Nothing / Pride In Tact / Lionsheart (1994) の歌詞について

おかしな商売さ 得るものは与えるものよりいつも少ないし 失うものは勝ち取るものよりいつも多い クレイジーだよ 勝者になる見込みなんてないのに 降参するわけにもいかない 現実を見ろって言うやつもいるし 頭がおかしいんじゃないかって言うやつもいるけど…

This Fire / Lightning Strikes Again / Dokken (2008) の歌詞について

くじけずあきらめず歩んできた でももう何もかも見失ってしまった 上にも下にも何もない 逆さに振っても何もでない どうすればいいか分からない 俺には確かに情熱があった だがいつの間にか失ってしまった 抜け出さなきゃいけないんだ 回り続けるこのメリー…

Release Me / Lightning Strikes Again / Dokken (2008)

なんでこんなことになっちまったんだろう この穴ぐらに落ち込んじまったのは 俺自身のせいだ 地の底で死人と共に歩き 浮かび上がる術もない すべてはもう遅すぎる ここから連れ出してくれいないか 翼を取り戻したいんだ 手を貸してくれないか 人生をやりなお…

Rot 'n' Roll / Heartwork / Carcass (1993) の歌詞について

この腐臭がお前にわかるか 運がよければわかるだろう これが成功した奴の悪臭だ 腐り切った死体 とっくに賞味期限切れだ 奢れる者は久しからずっていうけど 奢る前に死んじまったな カメレオンはその色を変えるけど いつもの同じ曲に いつもの同じ詩 挑発に…

Kirisute Gomen / Shogun / Trivium (2008) の歌詞について

タイトルを見たとき、「キリス・ウンゴル」とか、「ゴーメン・ガースト」とか、その辺の、ファンタジー・SF系の固有名詞かと思っていたので、「切り捨て御免」だと気づくのにしばらく時間がかかった。アルバムが「将軍」なのだから、もっと早く気づくべき…

Rock Of Ages / Pyromania / Def Leppard (1983) の歌詞について

集まれみんな!お前たちが欲しいのはいったい何だ?俺が欲しいのはロックだ!ロックを永遠なれ!火をつけろ!消防隊なんかいらねえ!俺達は放火魔だ!ダイナマイトみたいにぶっとばすぜ!どうなろうと構わねえ!街に火をつけろ! …というようなことを歌って…

Painkiller / Painkiller / Judas Priest (1990) の歌詞について

世界は荒廃し 人びとは希望を失った今 救い主は空からやってくる 人々の懇願を聞き入れ レーザービームよりも速く 原子爆弾もかくやという轟音を響かせ 沸騰する鋼にクロム鍍金を施し 一千個の太陽よりも激しく輝きながら あいつの名前はペインキラー やつこ…

Hungry Days / Answer To The Master / Impellitteri (1994) の歌詞について

子どものころ、スポットライトに照らされたステージを見てロックに人生を捧げることを誓った。今や夢が叶い、自分がスポットライトに照らされている。しかしあのころの気持は忘れない。 超ハイテクギターにこういうピュアな歌詞もいいですね。"Music is the …

Rock Rock (Till You Drop) / Pyromania / Def Leppard (1983) の歌詞について

要するに「ロックしようぜ!」ということを言っている。ライブ向けのこういう曲が昔は必須だったのだろうか。"Don't need a ticket, only place in town" とは、「チケットなんていらねえ この街全体が俺達のステージだ」というような意味だろうか。"your ma…

Parachute Woman / Beggars Banquet / The Rolling Stones (1968) の歌詞について

パラシュート・ウーマン 今夜僕のところに舞い降りてよ ニューオーリンズではじけそうだし カロナイナであふれ出しそうなんだ パラシュート・ウーマン いっしょにおいでよ ダラスでショウがあるんだ ハーフタイムでまたホットになろうよ "We'll my heavy thr…

Soldier Of Fortune / Soldier Of Fortune / LOUDNESS (1989) の歌詞について

個人的にメタルでは十本の指に入る曲、なのだが、どうもこのアルバム、歌詞を読んでみるともう一つ面白みにかける。マイク・ヴェセーラのせいだろうか?タイトルは「傭兵・(金もうけのために働く)兵士」の意味で、栄光をつかむために、百万の瞳に見守られ…

Lucretia / Rust In Peace / Megadeth (1990) の歌詞について

夜、眠ることができず、暗闇の中、クモの巣だらけの屋根裏部屋を歩き回り、祖母が使っていたロッキング・チェアに座る。思い出が頭の中でぐるぐると回り始め……みんなが言う「デイヴ、どうかしちゃったんじゃないか?」 歌詞の中でも出てくる「ルクレティア」…

I'm Free / December's Children (And Everybody's) / The Rolling Stones (1965) の歌詞について

時代遅れだってことは分かってる でも俺の歌を歌おうが歌うまいが 俺の勝手さ だから俺を見てくれよ 抱きしめてくれよ 「自由」や「愛」を訳すのは難しいなあ。邦題『好きにさせろよ』。

Hit the lights / Kill 'Em All / Metallica (1983) の歌詞について

何言ってるのかぜんぜんわからない(笑)。歌詞を読むと、「俺たちロックやるぜ!激音でぶっとばす!もうだれも止められねえ!」というようなことを言っていて、そもそも歌詞の意味を考える類のものではないとは思うけれど、こういうプリミティブな歌詞ほど…