世界観

Perpetual Change / The Yes Album / Yes (1971) の歌詞について

ある夜、僕は冷たい霧に触れながら、目の前で丘が次々と視界から転がり落ちるのを見た。毎朝、太陽は冷え切った世界を暖め、下生えを震わせる。あらゆる方向、あらゆる角度から僕は観察した。内側から、外側から、僕は学んだ。 我々は世界を支配していると思…

Director's Cut / Amaranthe / Amaranthe (2011) の歌詞について

あなたの人生は幻覚と虚偽によって支配されている。真実は日の当たらない場所で編集され、覆い隠されている。本当の自分を見つける一歩を踏み出さねばならない。 ……ということを言っているようだ。Director's Cut とは恐らく、自分の人生は自分で決める、と…

It's All About Me (Rain) / Amaranthe / Amaranthe (2011) の歌詞について

Voが三人いるというのは、しばらくメタルから離れていた人間からすると衝撃だ。なんというぜいたく。Voとサウンドとメロディの耳障りがよく、最近のバンドではよく聴いているのだが、詩を読んでみると、社会性や具体性がなく、抽象的で無機的で自己完結して…

The Modern Things / Post / Björk (1995) の歌詞について

近現代に発明されたモノたち、自動車とかそういったモノたちは皆、山の奥で待っている。恐竜たちや人類がごそごそしている音に耳を澄ませながら待っている。「その時」が来るのを。曲自体はあまり好みではないが、彼女の声と詩と世界観にはときどきヒヤッと…