ポップス

Shake It Off / 1989 / Taylor Swift (2014)

遊ぶ人は遊んで遊んで遊びまくるし それを嫌う人は嫌って嫌って嫌いまくるし ねえ、あたしはそんなの構ってられない 構ってられない 構ってられないの 人を傷つける人は傷つけて傷つけて傷つけまくるし ごまかす人はごまかしてごまかしてごまかしまくるし あ…

Dawn (Go Away) / The Four Seasons (1964) の歌詞について

真夏の明け方のように素敵な君 みんなは君のことをドーンと呼ぶ ドーン もう行ってくれないか 僕は君には似合わない ああドーン 彼の元に行っておくれ 君とお似合いだよ 僕のようにみじめな男と一緒になったら どんな未来が待っているか 考えてごらん ドーン…

Sherry / The Four Seasons (1962) の歌詞について

シェリー、今夜一緒に出かけないかい? 僕んちのツイストパーティにおいでよ きらきら光っていて みんなで踊り明かすんだ 君を僕のものにしたいんだよ ママに聞いてごらんよ 全部言ってしまっていいんだよ ここでもママの登場である。これもアメリカの母親の…

Lungs / Just The Beginning / Grace VanderWaal (2017) の歌詞について

空気が私の肺を満たしている 秋があなたの肺を満たしている わたしたちは若いままでいようとしている でもわかってる人は少ない 若いままでいようとすることが 私たちを老いさせるのだということを すごいこと言いますね。確かに、一回呼吸するたびに、確実…

Sick Of Being Told / Just The Beginning / Grace VanderWaal (2017) の歌詞について

I just wanna let go / I wanna run away just to live my life my way / What's the harmTo have a little fun? / I'm just, stay and watch / I won't let you change me tonight つまり本人もわかっているのである、頭で難しいことを考えたり、他人からと…

Moonlight / Just The Beginning / Grace VanderWaal (2017) の歌詞について

彼女はいつも微笑みを浮かべていた 朝から晩まで 完璧なイメージキャラクターみたいに こんな人いままで見たことなかった ガラスでできた人形みたい みんなも彼女のすばらしさを認めていた でも私には分かっている 彼女が今にもくだけちりそうだっていうこと…

Someday / Forgiven, Not Forgotten / The Corrs (1995) の歌詞について

A rose without her petals and a song without a dance. ちょっと意外な比喩だ。花びらの散ったバラ、踊る気になれない歌。もう恋は冷めてしまった、あなたはきっと私のことを忘れてしまうだろう、と歌う別れの曲。邦題『いつか』。

And So It Goes / Storm Front / Billy Joel (1989) の歌詞について

みんな心にひとつの部屋を持っている 安全で誰にも邪魔されない秘密の部屋 恋に傷ついた心を癒す場所 新しい恋が始まるまで過ごす場所 僕が黙り込んでしまうのは 自分を守るためなんだ 君がその沈黙に耐えられないなら それは僕のせいだ だから僕は君を僕の…

When In Rome / Storm Front / Billy Joel (1990) の歌詞について

外では着飾り、仮面をつけて日々をやりすごし、家では認め合い支えあう、共働きの夫婦についての曲。「郷に入りては郷に従え」、厳しい社会で生き抜ぬいていくための知恵について歌っている。本人はセレブだろうが、そういう経験もあったのだろうか。グーグ…

Leningrad / Storm Front / Billy Joel (1989) の歌詞について

冷戦真っ只中、レニングラードで生まれた兄と、ニューヨークに生まれた弟が出会う、感動の大河ドラマみたいだな~と思ったら実話だった。兄弟ではなく、ビリーが1987年のソ連公演で出会ったレニングラードのピエロとの交流が元になっているとのこと。そうい…

Storm Front / Storm Front / Billy Joel (1990) の歌詞について

妻のいる我が家を港、外を嵐の近づく海にたとえて、男の人生を歌っている。"storm front" (暴風雨前線)、" low pressure system " (低気圧)、" cumulonimbus" (積乱雲、入道雲)、"Beaufort scale" (ビューフォート階級) などの気象用語がならぶ。趣味…

That's Not Her Style / Storm Front / Billy Joel (1990) の歌詞について

彼女がサテンのベッドで寝てるとか、顔でいじれるところは全部いじってるとか、マンハッタンのあちこちにテナントを持ってるとか、そろそろ四十五なのに三十だって言い張ってるとか、いろいろ言われているけど、彼女はそんなんじゃないんだ、そんな女じゃな…

The Diary / Neil Sedaka (1958) の歌詞について

鍵のかかった君の日記、夜そこに君が書きこむ名前、君が思いを寄せている男の名前は、この僕の名前だろうか?と煩悶する男の歌。ええですな~。邦題『恋の日記』。『恋のダイアリー』の方がよくないですか。

Lipstick On Your Collar / Connie Francis (1959) の歌詞について

襟元に口紅 あたしのが付いたんだ、って言うから そうだっけ?ってつい思っちゃったけど よく見ると真っ赤だし あたしのはベビーピンクだもの メリー・ジェーンね、そうでしょう 口紅のせいで台無しね あたしの友だちとキスしたのね 黙ってるとこ見ると図星…

Love Is A Many Splendored Thing / The Four Aces (1961) の歌詞について

あるとき風の吹く丘の上で 朝霧の中 恋人達が唇を重ねた 世界はその動きを止めた あなたの指先が私の心に触れ 歌うよろこびを教えてくれた 本当の愛は輝きに満ちている こういうのもいいですね。"splendored" を英辞郎で調べたら解説にこの曲が出てきた。参…

Paris / Memories...Do Not Open / The Chainsmokers (2017) の歌詞について

Andrew Taggart へのインタビューによると、ドラッグ中毒だった友人のことを歌っているらしい。Paris は実際のパリではなく、夢のような場所とのこと。ネット上でいろいろ訳が出てるけど、どうもしっくりこない。私は以下のようなことを言っているのではない…

Don't Say / Memories...Do Not Open / The Chainsmokers Feat. Emily Warren (2017) の歌詞について

「ごめん、こういうことってあるよね。人間だもの」 「ちょっと待って。『人間だもの』とか言わないで。『俺のせいじゃないし』とか言わないで。そんなの言い訳にならないから」 いいですね。「人間だもの」ってあまりネガティブな文脈で使われることはない…

Break Up Every Night / Memories...Do Not Open / The Chainsmokers (2017) の歌詞について

彼女は毎晩「別れましょ」って言う。そのうち本気になっちゃいそうで、うかうかしてられない。それから「欲しいの」って言ってきて、僕らは仲直りする。気持ちいいんだもの、どうしようもないね。君の気分は季節みたいにころころ変わる。よく飽きないもんだ…

The One / Memories...Do Not Open / The Chainsmokers (2017) の歌詞について

Down and down we goWe'll torch this place we knowBefore one of us takes a chanceAnd breaks this, I won't be the oneNo, I won't be the one "the one" はふつう「選らばれし者」のことで、恋愛関係では「運命の人」とか「赤い糸で結ばれた人」を意味…

Marry You / Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars (2011) の歌詞について

いい夜だなあ 何かおもしれぇことしてぇなあ じゃあケッコンすっか おめぇの目ぇ見てたからかな? 酒が入ってっからかな? まあいいや、ケッコンすっか 明日の朝、やっぱりやめたいっつったっていいんだぞ それも最高だな! おめぇのせいじゃねぇぞ 俺たち、…

We Are Never Ever Getting Back Together / Red / Taylor Swift (2012) の歌詞について

友だちに相談したり 私の友だちに相談したり 私にまで相談したりしてるけど でも絶対に 二度と 決して あなたとは付き合わないの もうケンカできないのもさみしいし ついカッとなって「私は間違ってない!」って叫んだこともあったね そんな時あなたは私から…

Goliat / Laleh (2013) の歌詞について

私たちは世界を受け継いでいく 私たちは大きくなる 強くなる 大地と海を清め 互いを傷つけあうことなく 巨人に立ち向かっていく ラレーって、なんとなく巫女っぽい雰囲気があるな、と思う。この曲もポップスというより、アンセムのような雰囲気がある。子ど…

I Almost Do / Red / Taylor Swift (2012) の歌詞について

ただあなたに伝えたかったの 電話しないでいるのがどんなに辛かったかってこと あなたのもとにとんでいきたいって思ってたこと そのことを伝えたかったの でも電話しなかったの 本当にしたかったけど 本当にしたかったけど よりを戻したいが行動に移せないま…

All Too Well / Red / Taylor Swift (2012) の歌詞について

あなたはまた電話してくれたけど 私をばらばらに引き裂いただけだった 約束を破るみたいに何気なく 本当に正直な人だった そして無自覚に残酷だった Wikipediaではこのあたりのフレーズが絶賛されているけど、この曲のすごいところは「妹さんの家に忘れたス…

Red / Red / Taylor Swift (2012) の歌詞について

彼と愛し合うのは マセラッティで路地に突っ込んでく感じ 風よりも速く 最高だけどやっちゃいけないってのは分かってて 終わりは突然やってくる 彼と愛し合うのは 頭の中身を取っかえてしまう感じ 空から落っこちてくる感じ 燃えるような秋の葉っぱが 散って…

記憶拼圖 / 第一次 / 言承旭 (2004) の歌詞について

東京タワーのネオン シャンゼリ通りのそよ風 色鮮やかなハワイ 東京で食べたラーメン バリで見た星空 二人で過ごした一分一秒を 僕は忘れない 日本が二回も出てくるのとは光栄である。ちょうど今『サピエンス全史』を読んでいて、たくさん旅行してたくさん経…

做個好情人 / 第一次 / 言承旭 (2004) の歌詞について

「恋人になってよ」と言っているが、「いつも明かりをひとつ残しておいてくれる いつも僕のために夜中まで待っていてくれる」「君のいない未来なんて考えられない」「皺だらけになったら 手をつないで丘に登り 凧揚げしよう」(あちらの習慣?)といっている…

The Lazy Song / Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars (2011) の歌詞について

今日はなんにもしたくない ベッドでゴロゴロしてたいんだ 電話にも出たくないから 用があるなら留守電に入れといて 僕は誓う! 今日はなんにもしないって やってることが意外と小市民なところもいい。「今日はどこにもいかないから髪も梳かさないよ」とか。…

Our First Time / Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars (2011) の歌詞について

ああ、たまんないよ 君は真夏のアイスクリーム 溶けちゃう前に食べなきゃね ……とまあ、そんなことを言っている。邦題『初体験』。

一公尺 / 第一次 / 言承旭 (2004) の歌詞について

台湾版『花より男子』道明寺役でブレイクした台湾アイドルグループF4のジェリー・イェンのソロアルバムから。ふと中国語のポップスが聴きたくなった。「言」って珍しい苗字なんでしょうかね? テーブルに腰掛けて向き合う ブラックコーヒーから立ち上る湯気…