ハードコア・パンク

War Ensemble / Seasons In The Abyss / Slayer (1990) の歌詞について

大量殺戮を目的とする現代の戦争について歌っている。全面戦争はスポーツのようなもので、虐殺こそが勝利への道である。 戦争について歌うにしても、比べてみるとメイデンなんかはずいぶんカラッとして明るいな、と思う。とはいえ、デスなんかと比べると、ス…

Do What You Want / Suffer / Bad Religion (1988) の歌詞について

やりたいようにやんなよ ただし俺のいないところでな だらだらしたり ぶらぶらしてたって 何も感じなくなっちまうだけ やはり難解である。ボーカルの人、博士号を持ってるんですね。びっくりです。"A misanthropic anthropoid" とか、語彙も豊富で難解。「数…

What Can You Do? / Suffer / Bad Religion (1988) の歌詞について

今にきっと幸せになれる なんて話を聞きながら また一日がムダに終わり 一日年をくって 頭も白くなってきた 地球は回っているのに 俺達がぐるぐる回しているのは このちっぽけな頭だけ 世界がとんでもないことになろうとしてるのに お偉いさんはぜんぜん分か…

Part II (The Numbers Game) / Suffer / Bad Religion (1988) の歌詞について

我々は神の下にひとつの国家であり、他の国々の上に立tっている。科学技術において我々に勝る者はいない。我々は潜入と浸入を得意としている。我々に従うがいい、優れているものこそが勝者なのだから。 国家による欺瞞、国民への監視、他の国々に及ぼす支配…

Best For You / Suffer / Bad Religion (1988) の歌詞について

何が俺達にとっていいことなのか、知ってるのは俺達以外のやつらだ。審判の日が来るのは明日じゃない、今日、今、ここにだ。でも裁くのはイエス様じゃない。周りを見てみろ、みんな俺達を見下してる。何が俺達にとっていいことなのか、俺達以外のやつらは知…

How Much Is Enough? / Suffer / Bad Religion (1988) の歌詞について

生産と消費で俺達の人生はからっぽになっちまった 俺達はいつになったら気づくんだろう 貪欲さが命取りになるってことに 知らない単語がばんばん出てくるので自信をなくすが、母語話者でも辞書を引かないと分からないことで有名らしい。ふとブリューゲルの版…