グラムメタル

Tooth And Nail / Tooth And Nail / Dokken (1984) の曲について

先の見えない日々 どうにかなっちまいそうだ 悪い予感しかしない いつか叶うはずだった 希望や夢も たたきつぶされる 指をくわえて見ているしかないのか 昼は乱痴気騒ぎ 夜は果てしない絶望 いったいどれだけ待てばいい この呪いが解けるまで トップに躍り出…

U.S.A. / Knights Of The New Thunder / TNT (1984) の歌詞について

名声と富への道 今夜シティ・ライフを味わおう さあ出かけよう 陸地を目指すんだ 向う先は U.S.A U.S.A 街は燃えている 今度こそやってやる スポットライトがステージを照らし 煙幕が立ち込める その舞台は U.S.A U.S.A アメリカに行って成功したい、というも…

Tor With The Hammer / Knights Of The New Thunder / TNT (1984) の歌詞について

大空を見よ 彼の者駆け行く 雲のさらなる高みを飛び行く 神々の王 大地を震わせ まばゆい光を求めて トール 槌を携えて トール 槌を携えて その槌振るわば いかづち大地を撃ち 山の王の集いの間より ヴァイキングたちの叫びが響き渡る 単純に神話の神様のこ…

Piledriver / Damn Yankees / Damn Yankees (1990) の歌詞について

アイオワのデモインでライブのあと、「誰かいい娘がいないかなあ」なんつってウロウロしてたら、かわいい女の子がそばにやって来て、「ねえニュージェントさん、このミニスカートどう?似合ってるかしら?」だってさ。そんで俺は言ってやったんだ、「ハイに…

Jesus Is Just Alright / No More Hell To Pay / Stryper (2013) の歌詞について

私には何の問題もございません なにしろイエス様がついてらっしゃるのですから イエス様のお墨付きなのですから 誰に何と言われましょうとも 誰にどう扱われましょうとも そんなこと関係ございません なにしろイエス様のお墨付きなのですから ストライパーの…

Rock City / Damn Yankees / Damn Yankees (1990) の歌詞について

さあショウ・タイムの始まりだ 夜はもうそこまで来てる 女神様のお出ましだ もっと欲しいんだってさ 街に出かけりゃ みんな子どもみたいにはしゃいでる 俺にギターを弾かせておくれ でなきゃおかしくなっちまう ロックな街にやってきんた ロックな街アメリカ…

Paris Is Burning / Breaking The Chains / Dokken (1983) の歌詞について

この街にはうんざりだ 退廃と罪に満ちた街 俺達は愛し合ってるのに なぜそう冷たくするんだ? パリは燃えている 遠くから見てみたかったよ パリは燃えている 君のそばにいたかったよ 人生なんてひどいもんさ 愛する女はそばにいない 遠く燃える火が 二人の思…

Young Girls / Breaking The Chains / Dokken (1983) の歌詞について

女の子 僕は興奮しちゃうよ 女の子 大好きだよ Yeah! 女の子 きれいなお姉さん 女の子 みんな僕のもの Oh, yeah ところで君、歳いくつ? 年齢は重要なのである。ドッケンは若い娘が好きなのだろうか。そして痛い目にあったことがあるのだろうか。ファースト…

Live To Rock (Rock To Live) / Breaking The Chains / Dokken (1983) の歌詞について

息を切らせて走りながら カメみたいにのろいとしか思えない 後ろに行けばいいのか 前に進めばいいのか 俺にはわからない その迷いは解決できる 音楽がここで待ってるんだ 今夜ここで待ってるんだ ロックのために生きるんだ 生きるためのロックなんだ どん底…

Felony / Breaking The Chains / Dokken (1983) の歌詞について

あのぴっちりしたジーンズ 知らなかったんだ あんなに素敵だった 君はなんてことをしてくれたんだ 裁判官は言った「気の毒に 第一級の犯罪だよ」 ハーヴァードは探偵を雇って 俺を見張ってる 逃げるしかないんだ あのぴっちりしたジーンズ がまんできなかっ…

Give Me All Your Love / Whitesnake / Whitesnake (1987) の歌詞について

ベイビー、お前を初めて見たとき 息が止まっちまった お前の名前なら知ってるぜ 「トラブル」ってんだろう だが俺のハートは正直だ 手を出さずに入られない 見つめずにはいられない 俺はお前の名前さえ知らない でもほっとけないんだ 当てもなく走り回る 骨…

Still Of The Night / Whitesnake / Whitesnake (1987) の歌詞について

夜の静寂の中 狼の雄叫びが聞こえるぜハニー お前の家を嗅ぎまわってる 夜の静寂の中 心臓の鼓動が教えてくれる 今夜の獲物を 夜の暗闇の中 昇る満月が教えてくれる 今夜のごちそうを 痛いほど打ちつける鼓動 震える身体 もう待てない もう耐えられない お前…

Rock & Roll's Gonna Save The World / In Rock We Trust / Y&T (1984) の歌詞について

世界中をブリキの兵隊が行進し 誰がなんと言おうと 決定権を持つのは一握りの人間で 他の奴らはゴミみたいなもんさ だけど今夜、君には力がある 声を上げて叫ぶんだ! ロックン・ロールは世界を救う 俺達が世界を変えるんだ ロックン・ロールは世界を救う ロ…

This Fire / Lightning Strikes Again / Dokken (2008) の歌詞について

くじけずあきらめず歩んできた でももう何もかも見失ってしまった 上にも下にも何もない 逆さに振っても何もでない どうすればいいか分からない 俺には確かに情熱があった だがいつの間にか失ってしまった 抜け出さなきゃいけないんだ 回り続けるこのメリー…

Release Me / Lightning Strikes Again / Dokken (2008)

なんでこんなことになっちまったんだろう この穴ぐらに落ち込んじまったのは 俺自身のせいだ 地の底で死人と共に歩き 浮かび上がる術もない すべてはもう遅すぎる ここから連れ出してくれいないか 翼を取り戻したいんだ 手を貸してくれないか 人生をやりなお…

Mutha (Don't Wanna Go To School Today) / Extreme / Extreme (1989) の歌詞について

母ちゃん、おれ今日学校に行きたくないんだ 外で遊んでたいんだよ 先生はがっかりしたような顔をして 寝るならよそで寝なさいって言うんだ 面倒だから学校に行きたくないっていうのは 罪なのかなあ 実にストレートである。ロックの歌詞は、若くてもだいたい…

Little Girls / Extreme / Extreme (1989) の歌詞について

彼女は僕には若すぎるって言うんだろう でも若いってのは気持の問題なんだ 若い娘が大好きだって思うのは、僕がどうかしてるのかな? でも彼女たちはこれからが花盛りなんだ 僕が年を取りすぎてるって言う人もいるし 父親くらいの年が離れてるって言う人もい…

Armageddon It / Hysteria / Def Leppard (1987) の歌詞について

男をじらす女について歌っている。"Are you gettin' it?" と "Armageddon it!" をかけている、とされているが、カタカナで書くと「アユゲリリ」と「アマゲリリ」で、後者は "Am I gettin' it" と言っているように聞こえるので、「そのつもりなんだろう?」「…

Rock Of Ages / Pyromania / Def Leppard (1983) の歌詞について

集まれみんな!お前たちが欲しいのはいったい何だ?俺が欲しいのはロックだ!ロックを永遠なれ!火をつけろ!消防隊なんかいらねえ!俺達は放火魔だ!ダイナマイトみたいにぶっとばすぜ!どうなろうと構わねえ!街に火をつけろ! …というようなことを歌って…

Love Bites / Hysteria / Def Leppard (1987) の歌詞について

愛し合ってる最中に 鏡を見たりするのかい? 頭の中にいるのは誰? そいつは僕に似てるの? 「あなただけよ」なんて嘘をついたりするのかい? これ以上君に触れていたくないんだ こうしていると気が狂いそうになる 上手くやるのが愛だと思ってるんだろう? …

Animal / Hysteria / Def Leppard (1987) の歌詞について

川の水が流れるのと同じ 火がつけば燃えるのと同じ 俺はお前に夢中なんだ 体中に感じてる ただ俺に触れてほしい 愛なんていらない 俺はお前がほしいんだ 動物みたいに お前を仕留めたいんだ 動物みたいに なかなか露骨だけど、ジョージ・エリオットの声には…

Women / Hysteria / Def Leppard (1987) の歌詞について

初めに神は大地を創りたもうた。次に水を、そして生き物を、人間を創られた。人間には情熱と愛と憎しみがあった。伴侶を求めてやまない魂があった。ならばお前に与えよう、美しいたくさんの女たちを!お前たちは女なしでは生きられないのだから! 壮大な?曲…

Jealousy / Mood Swings / Harem Scarem (1993) の歌詞について

ずいぶん意地悪だなあ、って僕たち近頃いつもこんな感じだね、僕がルールを破って、約束も破って、おまけに君を傷つけた、なんて言うけど、こうなることは分かってたんだ、間違いないよ、なぜって、理由が知りたいんならいうけど、すべては君の嫉妬が原因な…

Stranger Than Love / Mood Swings / Harem Scarem (1993) の歌詞について

一人の夜は つい考えすぎてしまうんだろう? 君は自由をもてあましてる 束縛も必要だよ 君がダイヤの原石なのか石ころなのか すべてを僕に任せてみないか 知りたいんだ 僕に触れて欲しいのかい? そっとしといて欲しいのかい? この世に愛ほど不思議なものは…

Rock Rock (Till You Drop) / Pyromania / Def Leppard (1983) の歌詞について

要するに「ロックしようぜ!」ということを言っている。ライブ向けのこういう曲が昔は必須だったのだろうか。"Don't need a ticket, only place in town" とは、「チケットなんていらねえ この街全体が俺達のステージだ」というような意味だろうか。"your ma…

Billy's Got A Gun / Pyromania / Def Leppard (1983) の歌詞について

ビリーは銃を手に入れた。混乱し、悪意に満ちている。気がつかないのか?身の危険を感じないのか?君は翼をもがれた鳥、ライオンの檻に捕らわれた羊。夜、忍び寄る足音、壁に映る影、静寂の中霧が立ちこめ、雷鳴のような悲鳴が響きわたる。しかし光が照らし…

Givin' Yourself Away / Detonator / Ratt (1990) の歌詞について

なあ、言わなくたって分かるよ その態度を見れば一発さ 隠さなくていいよ 俺がいなくてさみしいんだろう? なあ、言わなくたっていいよ お前の涙にちゃんと書いてある お芝居はたくさんだよ というようなことを言っている。なんだかのんきである。この底抜け…

Can't Wait On Love / Detonator / Ratt (1990) の歌詞について

お前は俺を時計のねじみたいに巻き上げちまう 俺はお前の鍵穴にぴったりハマる鍵なのさ 興奮しすぎて眠れねえ 滑り込みたいよ 深く奥のほうまで お前は俺を固く固くしぼり上げちまう お前の愛の巣に捕らわれちまったよ 俺はカウントダウンしてる時限爆弾さ …

Heads I Win, Tails You Lose / Detonator / Ratt (1990) の歌詞について

お前はまがい物 お前はヘビ お前はケチな商売人 金儲けしか頭にない お前はうそつき お前はサギ師 お前は放火魔 なのにいつも冷え切っている お前はヤク中 お前はヘドロ お前は負け犬の時代遅れ ねちっこいなあ(笑)。何があったんでしょうか。クイーンの "…

Soldier Of Fortune / Soldier Of Fortune / LOUDNESS (1989) の歌詞について

個人的にメタルでは十本の指に入る曲、なのだが、どうもこのアルバム、歌詞を読んでみるともう一つ面白みにかける。マイク・ヴェセーラのせいだろうか?タイトルは「傭兵・(金もうけのために働く)兵士」の意味で、栄光をつかむために、百万の瞳に見守られ…