アメリカ

A Little Too Loose / Lean Into It / Mr. Big (1991) の歌詞について

ビリー・シーンの歌いだし”Misguided woman knows my name"をしばらくぶりに聴いて、なんか聴いたことがあるな~と思ったら、B'zの『もうかりまっか』(1994)の歌いだし「もうかりまっか ぼちぼちでんな」に似ているのに気付いて驚いた。というのも、先日たま…

The (Shipped) Gold Standard / Folie À Deux / Fall Out Boy (2008) の歌詞について

時々もう歌うのを止めて、会計士にでもなろうかなって思うことがあるよ。でも算数が苦手だし、ドルの価値も下がってるから、寒くなる前にミシガン湖のそばにヤシの木でも植えようかな。年くっちまう前に涼しい風でもあびてみたいね。 周りにいるイエスマンた…

Lucky / The Reason / Hoobastank (2003) の歌詞について

君が、他の誰も気付かなかった本当の僕を見つけてくれるまで、人生には自分を導いてくれる人が必要だということを頭では分かったつもりでいたんだけど、君に出会ってから僕の人生はすっかり変わってしまったんだ。 ……というようなことを言っているんだと思う…

Dawn (Go Away) / The Four Seasons (1964) の歌詞について

真夏の明け方のように素敵な君 みんなは君のことをドーンと呼ぶ ドーン もう行ってくれないか 僕は君には似合わない ああドーン 彼の元に行っておくれ 君とお似合いだよ 僕のようにみじめな男と一緒になったら どんな未来が待っているか 考えてごらん ドーン…

No Sex / Significant Other / Limp Bizkit (1999) の歌詞について

すぐ終わっちゃったし 早すぎた もううんざりだ お前もそうだろ? とりあえずやるだけって それじゃダメなんだ お前とはやるだけ 憶えてるのはそれだけ やった後じゃ 憶えてるのはそれだけ でも今日だけは パンツ履いたままで お前のことが知りたい お前とい…

I'm Broke / Significant Other / Limp Bizkit (1999) の歌詞について

俺はマジだよ、何か書くもの持ってるか?忘れないようにメモしとけよ、金に関しちゃ、俺は死んだも同然、いろんなやつらにたかられて、俺は文無しなんだ スラングだらけでよく分からないが、他人のせいでお金がない、ということだけは分かる。メモしとけよ、…

All Ends Well / Fortress / Alter Bridge (2013) の歌詞について

誰も信じられなくなっても 自分を信じていればいい 辛いこともあるだろう 傷つくこともあるだろう でもこれだけは言える 最後はきっと上手くいくのさ このバンド、音楽としてはかなりこのみなのだが、もうひとつ詩にインパクトがないな~と思っていたのだが…

Ddevil / System Of A Down / System Of A Down (1998) の歌詞について

Shake your spear at Shakespeare このバンドの歌詞は総じてよくわからないが、突然私が高校生の時に思いついたダジャレが出てきたのでびっくりした。この節では盗作について歌っていて、全体的には欺瞞に満ちた社会を批判していると思われる。タイトルの意…

Jekyll And Hyde / Got Your Six / Five Finger Death Punch (2015) の歌詞について

顔に微笑をはりつけていても 心に悪魔を隠し持つ 俺がもがいているのは このどうしようもない人生を生きるためなのか 心にありったけの怒りを隠し持つ まるでジキルとハイドのように ハードでヘヴィだけどキャッチーで分かりやすい。ダークさはなく、むしろ…

Cummin' Atcha Live / Mechanical Resonance / Tesla (1986) の歌詞について

俺はちょっとしたもんなんだぜ 会わないほうが身のためさ 俺のミドルネームは「トラブル」ってんだ 近寄るとケガするぜ 俺のエンジンは燃えている ペダルを床までべった踏み 俺を満足させることなんてできねえ いつでも俺は飢えている 訳すとなんだかバカっ…

Red House / Are You Experienced / The Jimi Hendrix Experience (1967) の歌詞について

向こうに赤い家があるんだ そこにあの娘が住んでんだ もう99日と半日くらい会ってなかったんだ ちょっと待て なんか変だぞ 鍵が開かねえ 嫌な予感がするぞ あの娘 もうここにゃ住んでないんだ なんてこった まあいいや 俺にはギターがあるさ 仕方ないから も…

Forever / Chicago 18 / Chicago (1986) の歌詞について

ねえ、初めからやりなおせるなんて思ってるのかい? 新しい相手をみつけさえすれば でも同じことの繰り返しさ その時になれば 相手が誰だろうと 君は僕のことを思い出すのさ ねえ、その男のそばにいるとき 君が満足してるなんて そいつに信じ込ませることが…

Talking World War III Blues / The Freewheelin' / Bob Dylan (1963) の歌詞について

精神科医に語る、第三次世界大戦についての夢が、そのまま延々と歌われている。誰もいない町をさまよい、何もすることがないので駐車場でタバコを吸い、シェルターではショットガンで追い払われ、途中で見つけた女の子に「アダムとイブになろう」と言って逃…

Civil War / Use Your Illusion II / Guns N' Roses (1991) の歌詞について

よく見てみろ 俺たちが産んだ憎しみを よく見てみろ 俺たちが育てた恐怖を よく見てみろ 俺たちの人生を 俺たちが歩んできた道を 俺にはどうすることもできない 何十億もの金があっちにいったりこっちにいったり そして戦争は続く 新たに植えつけられたプラ…

This Fire / Lightning Strikes Again / Dokken (2008) の歌詞について

くじけずあきらめず歩んできた でももう何もかも見失ってしまった 上にも下にも何もない 逆さに振っても何もでない どうすればいいか分からない 俺には確かに情熱があった だがいつの間にか失ってしまった 抜け出さなきゃいけないんだ 回り続けるこのメリー…

Release Me / Lightning Strikes Again / Dokken (2008)

なんでこんなことになっちまったんだろう この穴ぐらに落ち込んじまったのは 俺自身のせいだ 地の底で死人と共に歩き 浮かび上がる術もない すべてはもう遅すぎる ここから連れ出してくれいないか 翼を取り戻したいんだ 手を貸してくれないか 人生をやりなお…

Dirty Diana / Bad / Michael Jackson (1987) の歌詞について

彼女は言うんだ「とっても疲れちゃった、だから家に帰るの、でも一人で寝るのはいやなの、ねえ、家に来ない?」 僕は言ったんだ「彼女が家にいるんだ、今夜はまだ電話して『なにも心配ないよ』って言ってないから、きっと心配してる」 ダイアナは僕に近づい…

Sherry / The Four Seasons (1962) の歌詞について

シェリー、今夜一緒に出かけないかい? 僕んちのツイストパーティにおいでよ きらきら光っていて みんなで踊り明かすんだ 君を僕のものにしたいんだよ ママに聞いてごらんよ 全部言ってしまっていいんだよ ここでもママの登場である。これもアメリカの母親の…

Mutha (Don't Wanna Go To School Today) / Extreme / Extreme (1989) の歌詞について

母ちゃん、おれ今日学校に行きたくないんだ 外で遊んでたいんだよ 先生はがっかりしたような顔をして 寝るならよそで寝なさいって言うんだ 面倒だから学校に行きたくないっていうのは 罪なのかなあ 実にストレートである。ロックの歌詞は、若くてもだいたい…

Little Girls / Extreme / Extreme (1989) の歌詞について

彼女は僕には若すぎるって言うんだろう でも若いってのは気持の問題なんだ 若い娘が大好きだって思うのは、僕がどうかしてるのかな? でも彼女たちはこれからが花盛りなんだ 僕が年を取りすぎてるって言う人もいるし 父親くらいの年が離れてるって言う人もい…

Shame On The Night / Holy Diver / Dio (1983) の歌詞について

夜よ、俺はお前を許さない 俺が経験したもの 見聞きしたもの全てのために お前が俺に見せたひどい夢のために そしてその意味を教えてくれなかったことに 夜よ、俺はお前を許さない お前は俺から昼の光を盗んだ ひったくっていったんだ だが俺は空を見上げ 「…

Rainbow In The Dark / Holy Diver / Dio (1983) の歌詞について

お前は一枚の写真のようなもの 時に捕らわれたイメージにすぎない 俺たちは偽者だ 俺とお前は韻のない詩のようなもの 朝がやってくる気配はない お前は独り取り残されたまま 闇にかかる虹のように スターの孤独と失意を歌っているのだろうか。アルバムの邦題…

Change (In The House Of Flies) / White Pony / Deftones (2000) の歌詞について

僕は君がハエに変わってしまうのを見ていた そして目をそらしてしまった 君に火がついて燃え上がった 僕は君が変わってしまうのを見ていた 僕は君を家に連れて帰って グラスの上にのせて 羽をむしり取った そして笑い声をあげた 僕は君が変わってしまうのを…

Overnight Success / Teri Desario (1984) の歌詞について

どんな高い山だって動かせる 自分を信じて その気にさえなれば どんな広い河だって渡ることができる あなたならできる 自分を信じればいいの 今こそ夢がかなうのよ その鍵を握っているのはあなたなの ラジオから流れてきて、昔よく聴いていた渡辺美里の『恋…

Lone Justice / Spreading Disease / Anthrax (1985) の歌詞について

この世界には二種類の人間がいる。法を破る者と守る者だ。賞金稼ぎの仕事は、後者の闇の面を象徴している。求めるのは真実のみ。眇めた視線と無精ひげ、彼は歴史を股にかけたガン・スリンガー 日本で言う必殺仕事人みたいなものだろうか。スティーブン・キン…

Medusa / Spreading Disease / Anthrax (1985) の歌詞について

孤島の洞窟に住み、にらむだけで人を石に変えてしまうという魔物メデューサについて、割とストレートに解説している。「お前を誘惑し、地獄に引きずり込み、お前を奴隷にしてしまう」と、性悪女の比ゆのようにも読める。Demon! Gorgon! の掛け声が楽しい、メ…

Kirisute Gomen / Shogun / Trivium (2008) の歌詞について

タイトルを見たとき、「キリス・ウンゴル」とか、「ゴーメン・ガースト」とか、その辺の、ファンタジー・SF系の固有名詞かと思っていたので、「切り捨て御免」だと気づくのにしばらく時間がかかった。アルバムが「将軍」なのだから、もっと早く気づくべき…

Unemployable / Pearl Jam / Pearl Jam (2006) の歌詞について

彼は大きな金のリングを持っていて、それには「神は救いたもう」って刻んであるんだけど、それは職場の自分のロッカーを殴ったときにへこんじまったんだ、「他の仕事を探したほうがいい」ってボスに言われた日にね、女房と子どもはもう寝ちまったけど、彼は…

Poundcake / For Unlawful Carnal Knowledge / Van Halen

あっさりして すっきりして シンプル きちんとして しっかりしてる 地元育ちで うわついてない それがいい女ってやつだ 昔ながらの 今じゃ誰も知らない料理をふるまってくれる こんな女はなかなかいない お前はその辺の男を選ぶだろうけど そいつにお前の良…

Lungs / Just The Beginning / Grace VanderWaal (2017) の歌詞について

空気が私の肺を満たしている 秋があなたの肺を満たしている わたしたちは若いままでいようとしている でもわかってる人は少ない 若いままでいようとすることが 私たちを老いさせるのだということを すごいこと言いますね。確かに、一回呼吸するたびに、確実…