2018-07-01から1日間の記事一覧

Soldier Of Fortune / Soldier Of Fortune / LOUDNESS (1989) の歌詞について

個人的にメタルでは十本の指に入る曲、なのだが、どうもこのアルバム、歌詞を読んでみるともう一つ面白みにかける。マイク・ヴェセーラのせいだろうか?タイトルは「傭兵・(金もうけのために働く)兵士」の意味で、栄光をつかむために、百万の瞳に見守られ…

Running For Cover / Soldier Of Fortune / LOUDNESS (1989) の歌詞について

容赦なく、心を奪い、選択の余地を与えず、一晩中離そうとせず、鋼の刃のように冷たく心臓を切り刻む女から逃れようとする男について歌っている。経験談だろうか。好きなアルバムだが、詩がもうひとつドラマティックさに欠ける感がある。書いているのはマイ…

Heartwork / Heartwork / Carcass (1993) の歌詞について

モノトーンのパレットを使い、黒で塗りたくられ、血を流す陰鬱なアートについて歌われている。意味はよく分からない。死体を使ったアートだという説あり。タイトルは artwork をもじったもので、リヴァプールの方言では語頭の 'h' を発音しない、という説は…

Buried Dreams / Heartwork / Carcass (1993) の歌詞について

願いが押しつぶされる時 チャンスが失われる時 すべての希望が途絶える時 期待が裏切られる時 自信をなくした時 望みが悲しみに変わる時 必要なのは憎しみだけだ 無意味なことだが 自分を見失わないために 我々には相手が必要なのだ 憎しみをぶつける相手が …

Sexx Laws / Midnight Vultures / Beck (1999) の歌詞について

浜ちゃんの『ジャンクSPORTS』で今でも使われている。詩はよくわからないが、「性の法則を打ち破りたい」とか「さあ、くびきを外して自由になって」「大の男だけど、人前で泣いたって平気さ」など、ジェンダーフリーについて歌っている。Sexx のダブルエック…